本文へスキップ
ホーム 各種ガラス 材料・工具 なんでもネタ 教室紹介 会社概要 お問合わせ
 アメリカ出張(2015年6月)

 〜 6月5日 〜
  ≫6月1日 出発。サンフランシスコへ…
  ≫6月2日 台湾のアーティスト マイケルさんと合流
  ≫6月3日 ブルズアイの「Becon」へ…
  ≫6月4日 ポートランドへ移動、ブルズアイ訪問
  ≫6月5日 ウロボロス訪問、シアトルへ移動
  ≫6月6日 ノースウェストアートグラス訪問、シアトル市街ぶらぶら
  ≫6月7日 再びサンフランシスコへ、サンノゼへ…
  ≫6月8日 日本へ帰国…

ウロボロス訪問、シアトルへ移動

 
6月5日
本日は、シアトルへの移動日ですが、先ずは
朝から、ウロボロスグラスへ… こちらも約2年ぶり。
あれ…
こんな入口無かったよな〜
よくよく聞くと、卸売りのみだったウロボロスも、小売り販売を始めたのだとか…
で、直売店を入口に作ったみたいです。
皆さんも、ここへ来れば、売ってくれるかも…(旅費の方は実費ですけど…)
しかし…このちょっとした変化を見ただけでも、アメリカでも卸売りだけでは、
なかなか厳しくなっているんだな…と予想できたりします。
写真、上下中央の4つの箱…00-74というモトルの緑です。
80〜90枚くらいあったかな…一枚一枚 全部引き出してチェックしました。
結果、00-74に関して今回僕が選んだのは、1枚だけです。。。
本当に無いんです。日本人好みの、色の濃いガラス…
やっぱりウロボロスも、フューザブル系に力を入れている感じですね。
で、これをご覧になってくれている皆さん…
本当に、日本人好みの良いガラスって無いんですよ〜 (T_T)ワカッテネ…
ピンクのガラスなどは、ほとんど全滅でした。
なんやかんや、使えそうなガラスを選びましたが、
何百枚も引き出しては戻して、肩が痛い…(^^;)
ウロボロスでも、日本人好みのガラスは、、
今以上に難しくなってきますね。。。

今のガラスでどう表現するか…どう使うか…
やはり、これからはそれがキーポイントですね。
ウロボロスに別れを告げて、お昼ご飯を探して市街へ…
今の時期、ポートランドではローズフェスティバルというお祭りで、
軍艦が来てたりしてます。晩になるとパレードもあって、
街の周り全部が、どえらい渋滞になるんだそう。。。
(早く離れてシアトルへ移動しなければ…)
ついでに、ブルズアイ直営のギャラリーを見学しました。
ギャラリー内での撮影は遠慮したので写真はないですが、すんごい作品ばっかり…
一番高い値がついていた物で、60000ドルだったかな…
でも、フュージング系ばかりだったので、なかなか参考には、なりにくいかな…
これから先、日本でもフュージングがどれだけ広まっていくか。。。
何してるのかな…
う〜ん…
自由の国 アメリカ…
お昼ご飯に、回転ずしを食べて…
いざ!シアトルへ出発!

これね〜、毎度毎度、写真ではポンポン移動してますって言うているんですが、
実際は、飛行機でも車でも、結構時間がかかっており、疲れてます。。。(T_T)
シアトルに向かうのも、大体3時間〜4時間くらい時間かかりますし…
で、やっぱり…渋滞してきた…
シアトル付近になると混んでくるよな〜
いつもよく喋るマイケルさんも、さすがにお疲れの様子…
ま、3人共疲れて、なんか会話なかったですけどね…(^^;)
シアトル市街に来るのも、約4年振りですね〜
4年前は、まだマリナーズにイチローがいてたよな〜
で、シアトル市街を横目に素通りして、
今晩泊まるモーテルへ…
チェックイン後、すぐにマイケルさんの妹さん一家が、来ました。
妹さん一家はシアトルの近所に住んでいるらしく、マイケルさんは、
むこうの家に泊まるので、迎えにきてくれた模様。

で、その流れでみんなで晩御飯へ…
妹さん一家の案内で、近くのショッピングモールへ…
「ディン・タイ・フォン」台湾に本店がある結構有名な中華料理屋さんだそうです。
すんごい混んでましたよ。店内も大きいですが、それでも満席…

でも、鶏スープとチャーハンなんか、美味かったな…(^^♪
むこうのご家族の歓迎のご厚意もあって、ご馳走になりました。。。m(__)m
またまた、記念撮影♪
これもやはり記念撮影好きのマイケルさんの提案…
でも、皆さん本当に良い人でした。
僕の下手クソな英語を、我慢強く聞いていただいて…(T_T)
夕食後、ショッピングモールをブラブラと…
ここのジェラートは美味しいのよ。とススメられるも、
カップがでかい…
むこうは子供でも平気で食べてるもんな〜

で、マイケルさんは妹さん一家と帰っていき、
僕と緒方先生でモーテルへ…
また、明日落ち合う予定です。