本文へスキップ
ホーム 各種ガラス 材料・工具 なんでもネタ 教室紹介 会社概要 お問合わせ
 テープ類

  ≫カッパーテープ
  ≫ハンダ
  ≫真鍮補強材
  ≫鉛ケイム
 
カッパーテープ 材料・工具へ戻る

 COPPER FOIL
ノーマル

5/32” 4mm
3/16” 4.8mm
7/32” 5.5mm
1/4”  6.4mm
5/16” 8mm
3/8”  9.5mm
1/2”  12.7mm


\850
\960
\1,120
\1,270
\1,560
\1,780
\2,340
ブラック

5/32”  4mm
11/64” 4.3mm
3/16”  4.8mm
13/64” 5.2mm
7/32”  5.5mm
1/4”   6.4mm
5/16”  8mm


\1,080
\1,300
\1,300
\1,520
\1,520
\1,690
\2,110

テープの太さは、ガラスの厚みによって選んでください。
ステンドでは 約3mmのガラスが多いので、「3/16”」「7/32”」 が広く使われてます…

ハンダ 材料・工具へ戻る

申し訳ございません。
ここ最近、すずの値段が上がりっぱなしで、ハンダ自体も毎回値上げされている状態です。
今のところは、下に紹介している価格ですが、いつ・いくら 値上げになるか…
正直、いつ価格が「時価」や「オープン価格」になるかわかりません…m(__)m
棒ハンダ

50/50
60/40
63/37


\3,200
\3,450
\3,600
巻きハンダ

50/50
60/40
63/37


\3,250
\3,600
\3,700
「60/40」 というのは、「すず/鉛」の割合になります。
では、すずと鉛の割合で、なにが違うのか…
コテでハンダを流す時の、流れやすさに違いがあります。(逆に言うと、粘りがあるかないか…)
「50/50」は、すごい簡単にいうと、少し硬いです。ハンダの仕上げに適しています。
「63/37」は、すごい簡単に言うと、少し柔らかいです。シャバシャバっと流れやすいです。
場合によって使い分ける方もいますが、真ん中の「60/40」を使う方が一番多いですね…

詳しく言うと、融点が高い低いとか…難しいので、
多少、語弊がある説明ですが、簡単に説明するとこんな感じです。
真鍮補強材 材料・工具へ戻る

H材 (H×W×長さ)

5.5×10×2000 \2,100
5.5×12×3000 \4,900
 7×17×3000 \5,300
U材 (H×W×I×長さ)

10×8×6×3000  \3,900
10×12×7×3000 \4,100
四角材 (縦×横×長さ)
4×4×2000 \1,000
角材 (縦×横×長さ)
5×2×2000 \790
6×3×2000 \970
8×3×2000 \1,300
10×3×2000 \1,590
丸材 (直径×長さ)
2φ×2000 \660
3φ×2000 \830
5φ×2000 \930
半丸材 (直径×長さ)
3φ×5000 \2,000

鉛ケイム 材料・工具へ戻る

H型 フラット(F) H型 ラウンド(R) U型 フラット(U)
   H型 フラット(F)      H型 ラウンド(R)      U型 フラット(U)
  品名 価格 H W C T   品名 価格 H W C T   品名 価格 H W C
  F3.2 \460
3.2 7 4.5 0.8   R3.2 \460 3.2 7 4.5 0.8   U3.2 \460 3.2 6.5 4.2
  F4 \540 4 7 4.5 0.8   R4 \540 4 7 4.5 0.8   U4 \540 4 6.5 4.2
  F5 在庫切 5 7 4.8 0.8   R5 \610 5 7 4.8 0.8   U5 \610 5 6.5 4.5
  F6 在庫切 6.3 7 4.8 0.8   R6 \690 6.3 8 4.8 0.8   U6 \690 6.3 7 4.8
  F8 \770 8 7 4.8 0.8   R8 \850 8 8 4.8 0.8            
  F10 \920 10 7 4.8 1   R10 \1,120 10 8 4.8 1            
  F13 \1,300 13 7 4.8 1   R13 \1,610 13 8.5 4.8 1            
長さ 約1800mm